寿オフィスのブログ | 静岡県の心理カウンセリング&西洋占星術占いなら寿オフィス

寿オフィス
心理カウンセリング
ブログ
2018年06月16日 [西洋占星術]

月の周期を取り入れ計画を立て実現させる

西洋占星術では、太陽や月を重要視しています。

月は『感情、気分、リラックス、居心地』など、無意識に感じていることを知ることができます。

月と太陽は私達の生活の中で最も身近な存在なのではないでしょうか。

月の周期はおよそ29.5日。

月の満ち欠けは皆さんよく目にすることでしょう。

月の引力は海の満潮干潮と関わりがあります。

女性の生理周期も一般的に約28日周期。

地球と人体に影響を与えるのです。

西洋占星術では動きの早い月で日運を見ることも出来ます。

月の影響力から月の満ち欠けを私達の生活に取り入れる話を聞いた事がある女性は多いのではないでしょうか。

『何かを始めるなら新月』  『ダイエットを開始するなら満月を過ぎた後』

月の周期を上手く生活に取り入れ願い事を叶える。

達成しやすい環境を整えてみてはいかがでしょうか。

月の満ち欠け

★新月期…新月から後の1〜2日間★

計画を立てて新しい事にチャレンジ。新しい手法で物事に取り組む。

★満ちていく月…上弦★

何でも上手くいく。しかし頑張り過ぎに注意し、大事な事だけに集中すること。
体が最も栄養を吸収する時。ダイエット開始には不向き。

★満月★

努力が実を結ぶ時。
大勢の人が集まる場所に出向いたり、デートを楽しむ事が出来る。
なかなか結果が出せないと感じたら、この時期に一旦休止する事で新たに踏み出す事が出来るでしょう。

★欠けていく月…下弦★

じっくりと腰を据えて、考えてみましょう。
必要のないものは手放し、物事の整理をする。
デトックスで体内の毒素を排出。ダイエット開始には最も適している。

★隠月期…新月前〜新月までの1〜2日間★

考え事、反省に適する。
静かに過ごし次のサイクルに向けての計画を立てましょう。

とても神秘的な月。

あまり空を見上げることがない方は、息抜きにでも夜空を見上げてみてはいかがでしょう。

月の美しさに心が癒されるのではないでしょうか…。



PageTop