寿オフィスのブログ | 静岡県袋井市の心理カウンセリング&西洋占星術占いなら寿オフィス

寿オフィス
心理カウンセリング
ブログ
2018年05月28日 [心理学]

気難しい上司とのコミュニケーション術

【気難しい上司との会話法】


皆さんの会社には、なかなかコミュニケーションをとることが難しい上司がいませんか?

普段から関わりを持たず、交わす言葉は挨拶だけ…

それでも特に困らず支障がないならあえて近づかなくてもいいかもしれません。

ただ困るのは日々気難しい上司とコミュニケーションを取らずには仕事にならない場合…
本当に憂鬱ですよね…

では、職場でありがちな『なかなかOKを出さない内的基準型』の上司と上手くやるコツとは…

上司


そもそも『内的基準型』とは…

判断基準は自分にあり、他人の意見に聞く耳持たず。人からの指図を嫌い意見されることに腹を立て受け入れ態勢を持たないタイプです。

腹を立てるまでには至らなくても、自分の意見と合致しなければ首を縦にはふりません。

こんなタイプの上司を持つと、意見を言う前に「どうせ言っても駄目だ。無駄になるだけ…」と話す前から諦めてしまいます。

部下にとってこのような内的基準型上司は手強い相手。せっかくのよい提案や意見だったとしても何も会社の進展には繋がりません。

勿体無いです。

上司が変われば何も部下が悩む事はないのですが、変えることが出来ない相手を変えるのではなく、自身の考え方や言葉を変えてみましょう。

〜言葉を変える〜


内的基準型のタイプには押しつけがましい言い方はしない。

「○○して下さい。」   「○○すべきです。」   「○○しましょう。」  などの命令形では動きません。

内的基準型タイプは自分で判断したいのです。

ではどんな言い方をすればスムーズなやり取りが出来るのでしょうか…

押しつけがましい言い方にならないようにするには、お願いする、慕うような言い方にしてみましょう。

「○○を提案させて頂きました。お時間ある時に一度みて頂けると助かります。」

「私の考案した企画書が出来ました。宜しければご検討頂けないでしょうか。」

「ご判断お願いします」

などといったあくまでも自分の意見である事を伝え、上司の意見を求めるお願い型に言い換えるのです。

判断を上司に委ねることで、相手が気持ちよく受け入れる態勢をつくるのです。

言葉を変えるだけで上司の価値基準を元に検討態勢にはいることでしょう。

気難しい上司にだけでなく、気難しい相手とコミュニケーション術をあげる為の方法です。

相手のタイプに合わせた言葉遣いがどんな相手でも良い人間関係が築け、コミュニケーション力が上がるのです。


PageTop