寿オフィスのブログ | 静岡県袋井市の心理カウンセリング&西洋占星術占いなら寿オフィス

寿オフィス
心理カウンセリング
ブログ
2018年12月02日 [西洋占星術]

月の力が無効になる『ボイドタイム』

【ボイドタイムを知ろう!】

月と猫

ボイドタイムとは



月がどの天体とも角度をとらないことを『ボイドタイム』といいます。ボイド(void)とは『無効にする・取り消す』という意味です。

ボイドタイムは数分で終わることもあれば、1日ほど続くこともあり、時間はまちまちです。

ボイドタイムは検索すれば、日時がわかりますので、ご興味ある方は『ボイドタイム』で検索してみてください。


ボイドタイムで気をつけること



あまり気にする必要はないと思いますが、ボイドタイムは『無効』を意味するものでありますので、商談事や交渉事が上手くいかない、大きな買い物は避けた方がいいといわれています。

話し合いが上手くいかない、話の行き違い、感情のコントロールが難しくなる、集中力、思考の低下、ミスが多発、コミュニケーションがうまくとれない…など、悪影響を及ぼすとされています。

気にし過ぎて、ボイドタイムばかりに気をとられてしまうのは、どうかと思います。

あくまでも、大事な商談、大事な話し合い、大事な約束を交わす、大事で大きな買い物をする前に、事前に調べておく程度で良いでしょう。

契約が無効となってしまったり、トラブルが発生するかもしれませんので…。

しかし、常に気にしていたら、怖くて何もできなくなってしまいますので、ここぞという時の豆知識に。


レーガン元米大統領も意識していた!!



レーガン元米大統領が、ボイドタイムに会議を行わなかったことは、有名です。

『魔の時間』といわれるボイドタイムの影響力の大きさがお分かりになるでしょう。

月の力は人体にも影響されるものですので、神秘的な月の力に魅力を感じるきっかけにもなりそうですね。


月の力



占いやおまじないといったことにも、月の力を借りることがあります。

新月や満月といった、月の満ち欠けです。

満月がなんとなく不気味に思う方も多いと思います。

月の引力は有名で潮の満ち引きは月の引力によるものです。

私達の人体にも影響があるといわれる月の力。

ボイドタイムのように、怖いイメージばかりではない月について調べてみてはいかがでしょうか。




関連記事


PageTop