寿オフィスのブログ | 静岡県の心理カウンセリング&西洋占星術占いなら寿オフィス

寿オフィス
心理カウンセリング
ブログ
2018年08月05日 [心理学]

口論、意見の食い違いからの解決対話法

『聴くことの大切さ』は職場のみならず家庭など人が存在する場所では、良い関係性を築いていくには重要です。

『聴けない』人が多い職場、家庭では「決めつけ」「早合点」が多く、「言った言わない」など口論が絶えない場となり、心地良い環境から縁遠くなるでしょう。

口論すれば居心地が悪くなり、ストレスもたまる一方。職場では仕事の生産性も損ないやむなく退職となるかもしれません。

家庭では夫婦仲が悪くなり、離婚に至るかもしれません。

子供との対話も同じ。イライラして八つ当たりするかもしれません。

ある心理学者の研究では、カップルが口論し、心拍数が95以上に上がったら話し合いは失敗に終わったというデータがあるそうです。

では、意見が食い違ったとき、どのような対応をすれば良いのでしょうか⁇

言い争い

【しっかり聴く】

聴く力を身につけることです。聞き流すような聞き方ではありません。真剣に相手の言葉を目、耳、心で聴くのです。

相手の言いたいことが全て言い終わってから、冷静に自分の言いたいこと伝えます。


【自分の望みを伝える】

相手を非難してはいけません。自分の望みを伝えます。言いたいことを言うのではありません。


【Iメッセージ(私メッセージ)を使う】

表現方法が大切です。

「あなたは○○だ」・・・これは『YOUメッセージ(あなたメッセージ)』です。

「私は○○だ」・・・これは『Iメッセージ(私メッセージ)』です。

私メッセージで相手に伝えます。


例…「あなたの説明がおかしいせいで私がミスをした」と言わず、「私は出来れば簡潔に説明してもらいたです。きっとミスもなくなると思うから」というような表現方法を使います。

また反論してきた場合には、繰り返し『私メッセージ』で望んでいることを冷静に伝えます。

それを繰り返すうちに、建設的な議論になっていき、解決への道が見えてくるでしょう。


意見の食い違いでは『どちらが正しい』という判断をしたくなるものです。

結果、相手を攻め指摘する。そして自己防衛し話が反れ別の言い争いにすり替わる。

お互い気分が悪くなるのも当然です。

カップルにありがちな、「過去の事」を持ち出し済んだ話が再熱するのはよくありますね。

本筋から反れ、ことが大きくならないためにもポイントを抑え良い対話法を身につけましょう。






PageTop